見出し:ご案内

神戸電子イラスト本、仮称「雨甲子イラスト本」は、神戸電子専門学校在学生・卒業生によるイラスト寄稿作品集で、今回で二年ぶり二度目となります。

 

ことの起こりは、グラフィック部門の非常勤講師である小畑雅英が、自分の教えているコースの中に、絵を描くことがとても好きな学生が少なからずいることに以前から気付いていたことです。

 

少々絵がうまかったり、好きなだけでは仕事にはなりません。

 

でも、思い切り自分の好きな絵を描いて、それが印刷されて本になって、他の人の目に触れて、何より学生の記念になるようなプロジェクトができないかな、と考えたのです。

 

このように、発端はグラフィックデザインコースですが、神戸電子専門学校の在学生・卒業生であれば参加大歓迎です。

 

画像:ご案内1

内容は、イラスト、マンガ、アナログ絵をデジタル化したもの、3Dレンダリングなど、DTPで印刷できるものなら可能な限り対応したいと考えています。 これはどうだろう?とお悩みの場合は事務局(って、一人しかいないんだけど)にお問い合わせください。(aishinp@icloud.com (@は英数半角にしてください←スパム防止のためです))

なお、今回から神戸電子専門学校から協賛を頂くことができました。 よって、完成したイラスト本を学校や職員が宣伝に使うことは考えられます。 これについては「著作権について」のページもあわせてお読み下さい。

あなたが今ご覧になっているサイト"aishinp.co.jp"は、非常勤講師小畑の会社サーバーです。

そもそも、この小畑って誰?と心配な方は、最寄りの先生にお尋ねください。

画像:ご案内2

見出し:参加と料金システム

画像:参加と料金システム1

画像:申し込みの流れ

基本モットーは「誰も損しない、誰も得しないオーダーシステム」
  自分で本を取りに来れない卒業生は、これに着払い送料が加わります。

 

まず、作者が3〜19名で、総注文部数が10部を超えないと、この計画は始動しません。この数字は随時メインページのトップでお知らせします。
 ただしこれは自動計算なので、締め切り日を超えた時点でこの条件ぎりぎりの数字の場合、ドタキャンなどで、実行するかどうか微妙なケースも考えられます。最終的には、参加者、購買者へのメール、及びメインページのトップでお知らせします。

申込〆切日(9/16(金))までは数量変更/キャンセルに応じます。(aishinp@icloud.com(@は英数半角にしてください)) 申込〆切日と入金〆切日は一週間ずれていますのでご注意ください。

入金〆切日(9/23(金))までに事務局からのメールで指定された振込先に費用を振り込んだ方のみにページが確保されます。また購入のみの方も入金〆切日は同じです。
 印刷代は部数が増えれば増えるほど一部あたりのコストは下がります。 作者/購入者/費用/印刷仕様は随時更新されますので、ページ最上部の表示チェックをお願いします。

架空の注文、ドタキャン/入金しない等のいたずらは全員に大きな迷惑をかけます。 絶対にやめてください。 明らかないたずらや荒し行為が認められた場合、その時点で計画は中止します。(入金された費用は返却します)

見出し:データ入稿条件

画像:データ入稿条件

※制作してもらうデータはA4見開き(A4×2ページ)です。

※くわしくはこちらをご覧下さい。

※データ提出方法は、事務局から参加者の方に直接メールでお伝えします。
※よくわからない、という人は身近な先生に質問して下さい。

見出し:著作権について

画像;著作権について

入稿されたデータを事務局がイラスト本以外に使用することはありません。もし使用を希望する場合は、必ず作者に連絡を入れ、許可をいただきます。 また、本を見た人が(もしページに連絡先が記入されていれば)直接使用許可を求めて来る可能性があります。 その対応は作者の自己責任でお願いします。

 

一方、作者は他作者のページを勝手に利用・編集することはできません。ただし、「こんな本作ったんだよ」「そしたらこんなすごいのが参加していたんだよ」程度の「漏れ」はあえて認めたいと考えています。なぜならそれが作者たちのチャンスにつながる可能性が無いとはいえないからです。もちろんそれを逆手に取って作者を偽ったり、金儲けなどに使用することがダメなのは当たり前。法律はもちろん、常識と誠意を忘れずにお願いします。

 

同様に、神戸電子専門学校の教職員が、学校やコース紹介のためにイラスト本を使用する可能性があります。その際、一部のページが開かれて、印刷物やwebページに露出することもあり得ますが、これも上記、作者の可能性拡大として御了解をお願いします。 ただし、この場合も印刷に使用した本データを作者の許可無しに使用することはありません。

ボタン:申し込み画面へ